映画『アナベル 死霊人形の誕生』あらすじ、作品情報

あらすじ

人形職人のサミュエルと妻エッシャーは5歳の娘、アナベルが事故死した

霊体をアナベルの霊魂だと信じ込んだ夫妻は、霊体の声の指示通りに、サミュエルが作った人形に霊体を憑依

アナベルがこの世に蘇ったと歓喜したが、は悪魔だった

悪魔の降臨に手を貸してしまった

2人は人形をアナベルの部屋のクローゼットに入れ、その扉を聖書の頁で封印

神父を呼んでアナベルの部屋と家全体を清める儀式

夫妻の家はシャーロットが経営する孤児院になっていた。

ジャニスが目を覚ましてしまった。

ジャニスはクローゼットの封印を解放

12年ぶりに外の世界へと解放された悪魔

アナベルの姿をした悪魔に心を許してしまったジャニスは、悪魔に取り憑かれることとなった。

ジャニスに成り代わった悪魔

孤児院で発生した怪奇現象の原因を知るために、シャーロットはエッシャーの元を尋ねた。

長年にわたる悪魔との戦いの果てに、エッシャーは寝たきりの状態

エッシャーから真実を聞いたシャーロットは、事態を独力で収拾するのは不可能

孤児院に帰った後、ムリンス夫妻が悪魔に惨殺されたことを知ったシャーロットは、孤児たちと共に孤児院を脱出しようとした。

登場人物

修道女シャーロット – ステファニー・シグマン

ジャニス – タリタ・ベイトマン

リンダ – ルル・ウィルソン

ナンシー – フィリパ・クルサード

キャロル – グレイス・フルトン

ティアニー – ルー・ルー・サフラン

ケイト – テイラー・バック

アナベル・ムリンス(ビー) – サマラ・リー

サミュエル・ムリンス – アンソニー・ラパーリア

エッシャー・ムリンス – ミランダ・オットー

マッシー神父 – マーク・ブラムホール

フラー – アダム・バートリー

ピート・ヒギンズ – ブライアン・ホウ

シャロン・ヒギンズ – ケリー・オマリー

作品情報

タイトル

アナベル 死霊人形の誕生

原題

ANNABELLE: CREATION

製作年度

2017年

上映時間

110分

製作国

アメリカ

ジャンル

ホラー

監督

デヴィッド・F・サンドバーグ

製作総指揮

リチャード・ブレナー

ウォルター・ハマダ

デイヴ・ノイスタッター

ハンス・リッター

脚本

ゲイリー・ドーベルマン

音楽

ベンジャミン・ウォルフィッシュ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする