映画『スイス・アーミー・マン』あらすじ・詳細感想

あらすじ

サラというのはハンクが一目惚れした女性の名前であった。

死体はガスで、水に浮いていた。

ガスの排出によって、死体は沖合に出ようとしていた。

ハンクは、死体に乗って沖合へと向かった。

劇の内容を真に受けたメニーは、自分の愛するサラがいるハンクの故郷へ帰る意志をより強くした。

そこも無人島である

無人島に流れ着いたハンクは絶望から自死

ハンクは死体と共に洞窟で眠りについた。

ハンクは人工呼吸による蘇生を試みたが、失敗

そのペニスが方位磁針の役割を果たせることに気が付いた。

メニーは生前の記憶を全てなくしていたため、ハンクは彼に様々なことを教えてあげた。

SNSの投稿を通して、ハンクはサラが既婚者であることを知っていた

熊に襲われるという絶体絶命の危機を乗り切った2人は、遂に故郷へと辿り着いた。

しメニーの態度はハンクを苛立たせる

ハンクの故郷へと向かう道中、ハンクはメニーに食べることや映画館に行くことの喜びを語った。

死体は英語を話し始め、自らをメニーと名乗った。

植物やゴミを利用して、ハンクは即興劇をやった。

メニーがサラという名前の女性と恋に落ちるというもの

彼は浜辺に打ち上げられていた死体を発見

ハンクはサラとバス停で毎日顔を合わせていたのだが、1回も会話したことがなかった。

彼女を隠し撮りして、その写真を自分の携帯電話の待ち受け画面にすることはできた。

映画『スイス・アーミー・マン』予告編

登場人物

  • ハンク・トンプソン – ポール・ダノ
  • メニー – ダニエル・ラドクリフ
  • サラ・ジョンソン – メアリー・エリザベス・ウィンステッド
  • プレストン – ティモシー・ユーリック
  • リポーター – マリカ・キャスティール
  • ハンクの父親 – リチャード・グロス
  • クリッシー – アントニア・リベロ
  • 警察官 – アーロン・マーシャル
  • カメラマン – アンディ・ハル
  • 検視官 – シェーン・カルース

作品情報

タイトル:スイス・アーミー・マン

原題:SWISS ARMY MAN

製作年度:2016年

上映時間:97分

製作国:スウェーデン、アメリカ

ジャンル:コメディ、

アドベンチャー

監督:ダニエル・シュナイナート、ダニエル・クワン

製作総指揮:ギデオン・タドモア、ジム・カウフマン、ウィリアム・オルソン

脚本:ダニエル・シュナイナート、ダニエル・クワン

音楽:アンディ・ハル、ロバート・マクダウェル


映画『バックトゥーザフューチャー』作品情報

あらすじ

1955年から帰還する直前にマーティが残した手紙で、自分が銃撃される未来を知っていた

マーティはとっさにタイムマシンに乗ってモールの駐車場内を逃走

1955年にマーティの介入によってビフを倒したジョージは臆病な性格を改善し、小説家として大成していたのだった。

タイムマシンの燃料であるプルトニウムを調達するためにドクが騙したリビアの過激派の襲撃

1955年にタイムスリップしてしまう。

マーティ・マクフライは、科学者である親友のエメット・ブラウン博士(通称ドク)深夜のショッピングモール」の駐車場にて、デロリアンDMC-12を改造してドクが開発したタイムマシンの実験をする。

タイムマシンは燃料のプルトニウムを使い果たしてしまった為、タイムスリップすることが出来なくなっていた。

若きロレインはマーティに恋をしてしまった。

落雷当日に行われたプロムで、臆病者のジョージが不良のビフ・タネンを退けてロレインとキスをする手助けをしたマーティ

アインシュタインを乗せたデロリアンを1分後の未来にタイムトラベルさせる

時計台に落雷する時間ギリギリにデロリアンに乗り込み、ドクの命がけの助力で「1985年のドクが銃撃される直前の時間」への帰還に成功

 

受賞歴

アカデミー賞

第58回(1986年)

音響効果編集賞

 

作品情報

タイトル

バック・トゥ・ザ・フューチャー

原題

BACK TO THE FUTURE

製作年度

1985年

上映時間

116分

製作国

アメリカ

ジャンル

SF

コメディ

監督

ロバート・ゼメキス

製作総指揮

スティーヴン・スピルバーグ

キャスリーン・ケネディ

フランク・マーシャル

脚本

ロバート・ゼメキス

ボブ・ゲイル

音楽

アラン・シルヴェストリ

マーティ・マクフライ(Marty McFly) マイケル・J・フォックス

エメット・ブラウン博士(ドク)(Dr. Emmett “Doc” L. Brown) クリストファー・ロイド

ビフ・タネン(Biff Tannen) トーマス・F・ウィルソン

ロレイン・ベインズ・マクフライ(Lorraine Baines McFly) リー・トンプソン

ジョージ・マクフライ(George McFly) クリスピン・グローヴァー

ジェニファー・パーカー(Jennifer Parker) クローディア・ウェルズ

ジェラルド・ストリックランド(Mr. Gerald Strickland) ジェームズ・トールカン

リンダ・マクフライ(Linda McFly) ウェンディ・ジョー・スパーバー

デイヴィッド・マクフライ(David McFly) マーク・マクルーア

 


映画『ミュージアム』あらすじ・作品情報

あらすじ

仕事に没頭して妻・遥と息子・将太に家出された沢村久志。

カエルのマスクを被り、雨雲を追って去る殺人鬼「カエル男」は、残忍な殺人を繰り返す。

やがて、その被害者が全員「幼女樹脂詰め殺人事件」の裁判員制度による裁判員だったことが判明する。息子を連れて家出した沢村の妻もその1人であった。

個人で必死に「カエル男」を追う沢村は、「カエル男」は雨の日でなければ行動できない理由があるのではないかと考える。

有罪判決を受けて自殺した被告・大橋茂の親族による復讐かと思われたが、実は殺人を芸術と呼ぶ「カエル男」こそが真犯人

そんな彼の家に乗り込む沢村だったが、頭に一撃を受けて意識を失い監禁されてしまう。

精巧に出来た妻子の生首の偽物を見せられ、作り物と気づかずに泣き崩れる沢村の
自身の芸術をメディアが作った印象と僅かな物的証拠で無関係の人物の犯行だと決めつけた裁判員に激怒して報復している

ある日、生きながら空腹の犬に喰い殺された女性の事件を担当することになる。

後輩の西野警部補が拉致されて沢村の目の前で屋上から突き落とされて殺害され、友人宅に身を寄せていた沢村の妻子も「カエル男」の手に落ちてしまう。

専門家を訪ね歩き、資産家の両親を中学生の時に猟奇殺人犯に殺された被害者遺族と思われていた霧島早苗が、自らの手で両親をも「芸術」と呼ぶ殺人の犠牲にした犯人
自宅のキッチンで、NHK「みんなのうた」で放送された「メトロポリタン美術館(ミュージアム)」を口ずさむ

霧島により沢村親子が殺されそうだと悟り、沢村と霧島を追っていた警察官が拳銃を向けるが、追いつめられた霧島は外へ飛び出す。

 

作品情報

タイトル

ミュージアム

製作年度

2016年

上映時間

132分

製作国

日本

ジャンル

サスペンス

監督

大友啓史

原作

巴亮介

脚本

高橋泉

藤井清美

大友啓史

音楽

岩代太郎

 

登場人物

カエル男(霧島早苗)

演:妻夫木聡

連続猟奇殺人事件の犯人。「光線過敏症」という太陽光を苦手とする病気に罹患している。

自身が犯す殺人を芸術と称し、一連の殺人をミュージアムだと呼ぶ。

沢村遥

演:尾野真千子

沢村久志の妻。仕事に没頭する夫・久志を理解しつつも少しづつ距離を置くようになる。

過去に「幼女樹脂詰め殺人事件」の裁判員をつとめたことで事件に巻き込まれていく。

沢村久志

演:小栗旬

警視庁捜査一課一係巡査部長。連続猟奇殺人事件の犯人・カエル男を追跡する。

事件の捜査に没頭して家庭を顧みなかった結果、妻(沢村遥)と息子が家を出ていくことになる。

カエル男事件を捜査していくうちに、妻・遥が事件に関係することを知る。

関端浩三

演:松重豊

警視庁捜査一課一係警部。沢村の上司。

最後まで諦めない刑事魂を持つ。

カエル男事件では暴走する沢村を押さえつつも、気持ちは分かると理解を示す。

西野純一

演:野村周平

警視庁捜査一課一係警部補。沢村と共に連続猟奇殺人事件を追う新米刑事。

遺体を見ると、いつも嘔吐してしまうほど現場に不慣れ。

沢村とカエル男事件を追ううちに窮地に追い込まれてしまう。


映画『アナベル 死霊人形の誕生』あらすじ、作品情報

あらすじ

人形職人のサミュエルと妻エッシャーは5歳の娘、アナベルが事故死した

霊体をアナベルの霊魂だと信じ込んだ夫妻は、霊体の声の指示通りに、サミュエルが作った人形に霊体を憑依

アナベルがこの世に蘇ったと歓喜したが、は悪魔だった

悪魔の降臨に手を貸してしまった

2人は人形をアナベルの部屋のクローゼットに入れ、その扉を聖書の頁で封印

神父を呼んでアナベルの部屋と家全体を清める儀式

夫妻の家はシャーロットが経営する孤児院になっていた。

ジャニスが目を覚ましてしまった。

ジャニスはクローゼットの封印を解放

12年ぶりに外の世界へと解放された悪魔

アナベルの姿をした悪魔に心を許してしまったジャニスは、悪魔に取り憑かれることとなった。

ジャニスに成り代わった悪魔

孤児院で発生した怪奇現象の原因を知るために、シャーロットはエッシャーの元を尋ねた。

長年にわたる悪魔との戦いの果てに、エッシャーは寝たきりの状態

エッシャーから真実を聞いたシャーロットは、事態を独力で収拾するのは不可能

孤児院に帰った後、ムリンス夫妻が悪魔に惨殺されたことを知ったシャーロットは、孤児たちと共に孤児院を脱出しようとした。

 

登場人物

修道女シャーロット – ステファニー・シグマン

ジャニス – タリタ・ベイトマン

リンダ – ルル・ウィルソン

ナンシー – フィリパ・クルサード

キャロル – グレイス・フルトン

ティアニー – ルー・ルー・サフラン

ケイト – テイラー・バック

アナベル・ムリンス(ビー) – サマラ・リー

サミュエル・ムリンス – アンソニー・ラパーリア

エッシャー・ムリンス – ミランダ・オットー

マッシー神父 – マーク・ブラムホール

フラー – アダム・バートリー

ピート・ヒギンズ – ブライアン・ホウ

シャロン・ヒギンズ – ケリー・オマリー

 

作品情報

タイトル

アナベル 死霊人形の誕生

原題

ANNABELLE: CREATION

製作年度

2017年

上映時間

110分

製作国

アメリカ

ジャンル

ホラー

監督

デヴィッド・F・サンドバーグ

製作総指揮

リチャード・ブレナー

ウォルター・ハマダ

デイヴ・ノイスタッター

ハンス・リッター

脚本

ゲイリー・ドーベルマン

音楽

ベンジャミン・ウォルフィッシュ